2019年09月10日

日有師化儀抄2

貴賤道俗の差別なく信心の人は、妙法蓮華経なる故に何れも同等なり

posted by 廣田頼道 at 07:42| 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月10日

日有師化儀抄1

南条日住が日有上人の教えを化儀抄として書き留められたのは、末弟を強く誡めるためであり、年若き日鎮上人に貫首としての教訓として御渡しするためである。

posted by 廣田頼道 at 10:34| 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月01日

日興遺誡置文27

右の条目大略此の如し、万年救護の為に二十六箇条を置く、後代の学侶敢て疑惑を生ずること勿れ此の内一箇条に於ても犯す者は日興が末流に有るべからず、仍て定むる所の条条件の如し

posted by 廣田頼道 at 14:49| 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月04日

日興遺誡置文26

難問答に巧みの行者に於ては先師の如く賞翫(しょうがん)すべき事

posted by 廣田頼道 at 06:58| 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月07日

日興遺誡置文25

先師の如く予が化儀も聖僧たるべし、但し時の貫首或は習学の仁に於ては設い一旦の媱犯有りと雖も衆徒に差し置くべき事

posted by 廣田頼道 at 15:29| 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月02日

日興遺誡置文24

若輩たりと雖も高位の檀那より末座に居くべからざる事

posted by 廣田頼道 at 15:07| 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月11日

日興遺誡置文23

刀杖等に於ては仏法守護の為に之を許す、但し出仕の時節は帯すべからざるか、若し其れ大衆等に於ては之を許すべきかの事

posted by 廣田頼道 at 07:13| 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

日興遺誡置文21,22

謗法と同座すべからず与同罪を恐るべき事
謗法の供養を請くべからざる事

posted by 廣田頼道 at 08:20| 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月15日

日興遺誡置文20

直綴を著すべからざる事

posted by 廣田頼道 at 06:43| 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月06日

日興遺誡置文19

衣の墨、黒くすべからざる事

posted by 廣田頼道 at 15:29| 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする